審美歯科を選ぶとき

自然な食生活を行っていれば、どうしても歯に汚れは付着するものです。それに、ステインはコーヒーなどによっても付着しますから、一日や2日でそれらを根本的にどうにかしようということは難しいでしょう。ですから、ホワイトニングという方法を用いることによって、元の白さを取り戻すか、すぐに白くするか、どちらにしても白い歯を手に入れることが出来るのです。

歯は私達の印象を変える一つの要素です。歯の本来の意味での健康も大切ですが、こういった点にも注意を払うなら、様々な場面で良い印象が生きてくるでしょう。当然、オフィスホワイトニングは審美歯科で施術してもらうことになります。どの歯科を選べば良いかという点は、ネットで事前に調査して、実績が長い歯科、多くの人が施術している歯科、多くの人が好評価をしている歯科、それらを比較して選ぶことができます。審美歯科は美容に重点を置いた歯科なので、その点も安心して任せる事ができます。

人は外見だけではありませんが、外見だけでそのイメージをほとんど決められてしまうことも多いです。頑張り過ぎる必要はありませんが、そういった些細と思えることでも努力してみると、それが自信に繋がり、プラスになることでしょう。

オフィスホワイトニング、とは

ホームホワイトニングに対して、より強い『白さ』を求めることが出来るのが、『オフィスホワイトニング』です。ホームホワイトニングとはどのように異なっているのでしょうか。さきほど例を挙げましたが、こちらは白い服に付着した落ちにくい汚れを、上から白い絵の具等で塗って分からなくしたり、白い糸で縫い付けてしまう、というような表現が正しいかもしれません。そうです、こちらは本来の歯の白さを求めるものではなく、『上から歯を白くする』方法です。

メリットとしては、より綺麗な歯の白さを実現できること、施術完了までに多くの時間を要さないことなどです。ですから、急いで行って欲しい、という場合にも対応できます。デメリットとしては、効果の持続がホームホワイトニングに比べて短いこと、そして当然ですが本来の歯を白くしているわけではないことが挙げられます。ですから、本当に輝くほどの白さを手に入れたいという方、ホームホワイトニングでは満足できない、という方、今後結婚式などがあるので、それまでに綺麗な歯を手に入れたい、という方に向いている方法である、と言えます。

ホワイトニングには主にこのような方法があり、特徴も方法もそれぞれ異なっています。

ホームホワイトニング、とは

まず、歯を白くするための「ホームホワイトニング」は、ある程度長期間を掛けて行う方法です。
例で考えてみると、白い服に落ちにくい汚れが付着してしまった場合、こすりつけても、ただ洗濯機に入れても落ちないことがあります。そこで、その汚れを一定の時間を掛けて落ちるように中性洗剤等につけ置きしておくことによって、汚れがだんだんと落ちていき、ほとんど目立たなくなります。

同様に、ホームホワイトニングは時間を掛けてでも元の歯の白さを追求していく方法であり、歯に付着したものを少しずつ取り除いていく方法です。メリットとしては、歯の本来の白さを取り戻せること、効果が長期間にわたること、自分でも専用の歯磨き粉を使えば可能であること、などです。デメリットとしては、白くなるまでに非常に時間が掛かること、完了してもイメージ通りの完全な白さを実現するのは難しい場合があること、などが上げられます。

より根本的な解決を求めていて、それでいて歯を白くしたい、長期間かかっても大丈夫、という方はホームホワイトニングを選ぶことができますし、その方が賢明かもしれません。では、もう一つのホワイトニングの方法には、どのような特徴があるのでしょうか。

ホワイトニング、なぜ行う?

どのように見えるかと言うことは非常に大切なことですが他人からどのように見られるかという点においてはある意味で私達は無頓着なことが多く、気付かないことも多いので誰かからそれを指摘して貰ってはじめて気付くこともあることから、自分たちのことに関してはとりわけ注意を払うことが求められる場合も少なくありません。

私達が普段どのような服装でいるか、どのような髪型をしているか、肌は清潔で整っているか、という点はその人のイメージも大きく左右しますから、そういった点で私達は誰からもプラスの評価を得られるようになりたいと思うかもしれませんが、そのために出来る一つのこととして、『綺麗な歯を手に入れる』ということがあります。

誰もが歯磨きを習慣にしていると思われますが、あれは虫歯を防ぐために行うものです。定期的な歯磨きは歯の健康を保ちますが、それだけでは歯の『白さ』を実現するのが難しく感じることがあります。歯は、いわゆる「ステイン」のような要素によって一度着色されてしまえばその色を落とすのが難しいと思えることがあります。特にそういうものは長期間を掛けて付着しますから歯磨きだけでは落ちないのです。

そこで、歯の白さを保つ、着色してしまった歯も白い歯に生まれ変われさせるために行えるのが『ホワイトニング』です。自分で行うことも、審美歯科等で行うこともできるホワイトニング、それにはどのような方法、特徴があって、何を手に入れることができるのでしょうか。